葬儀にまつわる非常識


 大切な人との別れは、私たちに深い悲しみを与えます。一方で、自分自身の生命(いのち)の問題を考えさせられる縁ともなります。日頃は「人間、死ぬのは当たり前」なんて訳知り顔で言ってたこの自分が、「なぜ人は死ぬのか」「必ず死ぬのになぜ生まれたか」「死んだらどうなるか」という命題をいやおうなく突き付けられるのです。口では「無常」を語りつつ、その実、死をタブー視し、真正面から自分の生死の問題に取り組んでいなかったことがあらわになってきます。

 葬儀は、この生死の大問題を解決してくれるお念仏に遇えるチャンスとも言えます。だから葬儀は、亡き人に導かれ、お念仏の真実を感じられるよう執り行われるべきものなのです。ところが、このチャンスを妨げるものがあります。死を恐れるあまり、根拠もなくできあがったと思われる数々の迷信がそれです。それらの迷信を中心に、葬儀の非常識について考えてみましょう。

【清め塩】

 葬儀に列席した後で、体に清めの塩を振りかけたり、玄関先に塩を盛ったり、これこそ大迷信。非常識なことです。

 ご存知のように塩には防腐効果があります。そのためか大昔から日本では、汚れたものを清める働きが塩にあると考えられて来ました。それが塩をまいたり盛ったりのマジナイにつながったのでしょう。しかし、防腐の役目は果たしても、それを撒いたところで、人生の災難・苦しみが逃げて行くなんてことはあり得ないことです。

 死を忌み嫌い、何とか避けて生きたいのは人間の本音のところでしょう。しかし、塩の力で死を免れたという話は聞きません。死は忌み嫌うべきものではなく、私を目覚めさせるご縁となる尊いもの。本当の人生、本当の幸せにめざめるためには、つまらない迷信に惑わされず、死を自分の問題として受け止めることが出発点となるのです。清め塩は仏教とは全く関係のない迷信です。葬儀のとき用意されているときは、きっぱりと断りましょう。

【友引】

 友引には葬儀を出さない、なんて大間違い。中国の兵法に基づくといわれる六曜は、本家の中国ではとっくに廃れているのに、日本ではこれに振り回されている人の多いこと。本来の意味を離れて、近年になってから日本でこじつけられたものばかりなのです。仏滅、大安もそう。そしてその最たるものが友引。本来「何をしても勝負がつかない、引き分けになる日」といった意味だったのが、陰陽道で全く別の意味で使われていた「友引」と混同されたり、字面から「友を引く」と勝手に解釈されたりして、「この日に葬儀をすると友や近親者に死を招く」という迷信がはびこるようになったのです。全く根拠のないことですし、大体、日に吉凶を当てはめるなんて、本当にナンセンス。念仏はいかなるものにも妨げられることのない無碍の一道。日の吉凶など問題にしない人間になることが仏教なのです。

 浄土真宗門徒の葬儀は、たとえ友引に当たったとしても、門徒のプライドをもって無視しましょう。「でもやっぱり」という人は、そういう迷信にこだわることのない勇気と智慧をもらうためにお聴聞に一層励みましょう。「私はいいが、親戚の者が気にする」という人は、その親戚の方にできるだけ、仏教的生き方を伝える努力をして下さい。亡くなられたの人は、きっと阿弥陀如来様の片腕となって、占いや迷信にこだわらない力強い生き方を勧めて下さっているのですから。

【引導を渡す】

 「真宗のお葬式では『引導』を渡してもらえないのですね。それで成仏できるんですか」と言われることがあります。引導とは、厳密にいえば、人々を正しい仏法に導くことを意味しますが、現在では、お葬式のとき、導師が死者に対して行う作法を思い浮かべるようになりました。

 それ自体誤解といえますが、ましてや浄土真宗のお葬式では、死者を「引導を渡して成仏させる」ようなことはしません。浄土真宗の坊さんにそんな能力はありません。浄土往生は、阿弥陀如来の力によるものですから、僧侶が引導を渡すまでもなく、故人はすでに往生され成仏されています。

 葬儀は、「成仏させる」儀式ではなく、「成仏を感謝し、新たな仏縁をいただく」儀式といえます。故人を仏として礼拝する心、これを忘れては葬儀の意味がありません。