【浄土真宗葬儀の常識】


 葬儀は人生のもっとも厳粛な儀式です。浄土真宗では、故人を偲んで遺族並びに縁故の者があい集まって、共に読経念仏して、尊い仏縁をいただくことがそのゆえんです。したがって、できるだけ浄土真宗にふさわしい儀式としたいものです。

 世間一般に葬式と一口にいわれますが、その内容については、案外知らなかったり、誤解があったりするものです。葬式の図式は、葬儀+告別式といったことになるのでしょうか?

 ここで、現在、広島で一般に行われている葬儀の流れを追いながら、そこで行われているおつとめを中心に、葬儀の非常識について考えてみましょう。葬儀の一連の儀式勤行には、それなりの意味があります。聴聞の心を失なわないことが肝要です。儀式の流れを簡単に追ってみましょう。

1臨終勤行

 通称、枕経とか枕返しと言われることもあります。人生の終わりに臨んで、永年お育てにあずかったご本尊にお礼をするお勤めです。お仏壇があればお仏壇に、なければご本尊を安置してお勤めすします。遺体に対して読経するのでは決してありません。

2納棺勤行

 遺体を納棺した直後に勤めます。省略されることが多い。

3通夜勤行

 葬儀の前夜に近親者、友人、知人など苦楽を友にした人々が仏前に集い、故人を追慕して、仏恩報謝の念を深め、仏法をいよいよあじわうお勤めです。

4 出棺勤行

 葬場勤行に先立って勤められます。出棺と聞くと、葬儀終了後の火葬場への出棺をイメージしがちですが、「出棺勤行」とは、現在のように葬儀が室内で行われていない時代、お内仏での最後の暇乞いのおつとめとして行われていたものです。家から出棺して葬場へ向かうことから、出棺勤行といわれます。決して、棺前勤行あるいは棺前読経などというのは間違いです。

5 葬場勤行

 葬場にて故人を葬送することをご縁として、仏徳讃嘆させていただく儀式です。一般に葬儀並びに告別式といわれることが多いようですが、浄土真宗では、葬儀とはいいますが、告別式とは申しません。現在では通常、出棺勤行・葬場勤行・野帰りのおつとめを一緒に行っています。

6 野帰りのおつとめ

 葬場勤行に引き続き勤められます。このおつとめは本来、火葬に一晩かかっていた時代、棺に点火した後いったん家に帰ったときに行われていたものです。1時間あまりで火葬できる現在では有名無実のおつとめとなりましたが、その歴史的なものを伝承していくためにおつとめされるもので、いわゆる「還骨勤行」とは異なります。

 その後、御文章『白骨章』が拝読されることが多いようですが『白骨章』は本来還骨勤行の後に拝読されることとなっています。しかし、会葬者の多い葬儀において、より多くの方々にご縁に遇っていただきたいとの願いから拝読されるものですから、心静かにご聴聞ください。