『阿弥陀経と出あう―生きる道しるべ』
森繁一成著/国書刊行会刊/定価1,800円(税別)

 本書は、「仏教書を読みたいけれど、専門書が多くて分からない」「深い教えだろうけど親しみにくい」「現代人の感覚から離れている」などの、私たちの苦言を根底に置き、著者が「やさしく、ふかく、おもしろく」を念頭に筆を執られた、非常に現代的で親しみやすい本です。著者は、初めに昔と現代との人生観の変化を、数多くの事例から述べて、正しい宗教の存在理由を指摘しており、その上で私たち凡夫のための阿弥陀経を読んでいかれます。阿弥陀経を読んでいくというと非常に難しいように感じますが、そこは、著者のこだわりである仏教語をできるだけ避け、また伝統的な妙好人のお話もほとんど出さず、その代わりに著者の身近にいたお念仏の人を紹介し、さらに、例え話は、特に若い人を意識した現代の世相や話題の中から取り上げられているので、幅広い世代で親しむことができ、それぞれの生きる道しるべとなるべき、きっかけを投げかけてくれているはずです。