曇鸞大師

七高僧第3祖
476年〜542年(日本に仏教が伝わった時代)

● 著作 『往生論註』(『論註』と略称する)

● 特色 自力・他力を明らかにして、他力の道をすすめた。(自力他力)

●略伝

 曇鸞は、中国の北部、五台山に近い雁門に生まれ、15才で出家しました。北魏の五台山は、当時の仏教研究の中心地でした。曇鸞はこの山で仏道の修行にはげみました。彼はとりわけ『中論』『大智度論』など、龍樹の著したものを学びます。

 曇鸞は、『大集経』(六十巻ほどある大部の経典)の注釈を思い立ちますが、事業のなかばで病気になってしまいました。その時、「このようなことでは困る。仏法を学び尽くすためには長寿でなければおぼつかない。何とかして長生不死の法を身につけよう」と考え、仏教の勉強を中断して道教(呪術)を学びはじめました。50才の頃、南方の梁の国まではるばる旅をした曇鸞は、梁の武帝の敬いを受け、首尾よく道教の第一人者といわれていた陶弘景(とうこうけい)に会い、念願の仙術奥義の書の伝授を受けました。

 「これで長生きして仏教研究が続けられる」と喜び勇んで帰国の途についた曇鸞は、途中、洛陽の都に立ち寄りました。その頃、洛陽に菩提流支三蔵がおられました。菩提流支は、北インドからシルクロードを通って北魏に来て、持ってきた多くの経典の中国語訳につとめていた僧です。曇鸞が菩提流支に得意気に仙術の書を見せると、菩提流支は大地にパッと唾を吐き捨てて、「少々長生きして何になる。すみやかに生死解脱の真の長生不死の法を求めよ。限りない生命を得る真の不死の書はこれだ」と言って『観無量寿経』を示されました。曇鸞は悔悟し、仙経を焼き捨てて浄土の教えに帰し、念仏三昧の生活に入りました。

 彼の徳の高さは四方に伝わり、武帝は北に向かって「鸞菩薩」と拝し、魏王は「神鸞」とうやまったといわれています。

 親鸞聖人は「正信偈」に「本師曇鸞は、梁の天子、つねに鸞のところに向かひて菩薩と礼したてまつる」と書いておられます。親鸞聖人は「権力者にたよって仏法を弘めることはあってはならない」と言われたのに、なぜこのような表現をされているのでしょうか。世の中で一番頭を下げないのは権力者でしょう。そして、人の話しを聞こうとしないのも権力者です。自分のことばを押しつけることはあっても、他人の話し、それも仏法の話しに耳を傾けることはむずかしいことであったに違いありません。いわんや他人に頭を下げさせても「菩薩と礼したてまつる」と他人に頭を下げることなどは考えられないことです。その考えられないむずかしいことを梁の武帝はしたのです。曇鸞のすばらしさを見聞するとき、天子も頭を下げすにはおられなかったのです。