祇園精舎

 『阿弥陀経』説法の舞台である祇園精舎は、現在の北インドのバルランプールという町の郊外サヘートに、その遺跡が残ります。釈尊の時代、ここはコーサラ国の首都舎衛城(シュラーヴァスティ)の町外れでした。

 舎衛城に住むスダッタ(須達多)という大商人は、常に孤独な者や貧しい者に慈善を施すので、アナータピンディカ(孤独な者に食を供給する者、給孤独)長者と呼ばれていました。彼はマガダ国でたまたま出会った釈尊に深く帰依し、何とか舎衛城に釈尊を招こうと、精舎の建設を思い立ちました。

 その最適な場所として選んだのは、国王プラセーナジット(波斯匿王)の王子ジェータ(祇陀)の所有するマンゴー樹園でした。スダッタの懇願にもかかわらず、王子は頑として買収に応じませんでした。しかしその交渉の中で王子は、金貨を庭園に敷き詰めることができたら、その広さだけ譲ってもよいと、口を滑らせました。そこでスダッタは家屋を売り払い、全財産を金貨に代えて、一枚一枚、樹園に敷き始めました。このスダッタの尋常でない行為をみたジェータ王子は、彼の誠意にいたく感動し、とうとう樹園を寄付し、広大な精舎が完成したということです。

 『阿弥陀経』にみえる「祇樹給孤独園」は、ジェータ王子の樹園(祇樹)・アナータピンディカの園(給孤独園)という2人の名を冠した名称です。それを略して「祇園」と呼ばれるのです。