法然上人(源空)

七高僧第7祖
1133年〜1212年(平安時代末期から 鎌倉時代の初期、源平合戦の頃)

●著作 『選択本願念仏集』

●特色  南無阿弥陀仏一つが往生の業であるとあきらかにし、「ただ念仏」の道をすすめた。(選択本願)

●略伝
 美作(みまさか/岡山県)の国、久米に漆間時国(うるま・ときくに)という武士がいました。彼には勢至丸という子がいましたが、九才の時、勢至丸は眼前で父が切り殺されるという悲劇に出会いました。隣の荘園の武士、明石定明が恨みから夜討ちをかけたのです。父の時国は臨終の枕べに勢至丸を呼んで遺言しました。

「恨みに報いるに、恨みをもってしてはならない。それでは、恨みは幾代を経てもつきることがない。お前は出家して、この父の救われていく道、自らの救われていく道を求めよ。それが父の願いである」

 勢至丸は悲しみを胸に秘めて出家します。十五才の時、彼の才能を見出した叔父の観覚は、勉学のため比叡山へと旅立たせました。勢至丸は、比叡山において当時の天台宗の碩学に次々と教えを受け、十八才の時、西塔黒谷の叡空上人のもとで「法然房源空」と名のりました。彼は天台宗だけでなく、法相宗、三論宗、華厳宗などの教えも幅広く学びました。

 黒谷において各宗の学問を身につけた法然は、人々から「智慧第一の法然房」と尊敬される比叡山きっての学僧となりました。やがて保元・平治と続く戦乱に人心は荒廃し、比叡山も名利追及の場となっていきましたが、法然は必死になってまことの仏道を探求し続けました。

 三十四才から十年間、黒谷の報恩蔵にこもり、一切経七千巻を五回も繰り返し読み、ついに善導大師の「一心に弥陀の名号を専念して、行中座臥、時節の久近(くごん)を問はず、念念に捨てざる者をば、是を正定業と名く、彼の仏願に順ずるが故に」という『散善義』の文に出会い、浄土の念仏の道こそ時代と人間に相応した真実の教えであると知り、専修念仏に帰したのでした。法然は新たに浄土宗をたて、京都東山の吉水で老若の庶民に法を弘めた。親鸞聖人が教えを受けたのは、この頃です。

 「念仏一つで」と、やさしく説く法然の元には今まで仏教に近づけなかった人をはじめ、多くの人が集まりました。「念仏一つで、他のすべての善も行も不要である」と説く法然の教えに対し、万善、万行をすすめる既成の宗派から非難がおこり、法然七十五才(親鸞聖人三十五才)の時、念仏停止(ねんぶつちょうじ)の宣旨(せんじ)が下り、法然は四国(親鸞聖人は新潟)に流罪となりました。法然は、七十九才で許されて京都に戻りますが、八十才で念仏をよろこぶ多くの人たちに囲まれて往生しました。