広島仏壇の製造には七匠といわれる職人さんたちが関わっています。それぞれの道を極めた必殺仕事人です。

※写真をクリックすると大きな写真が見れます。

木地師
 仏壇の本体にあたるものが作られます。仏壇の外回り、内回り、障子、扉などといった各部品をサイズに合わせて加工し、ホゾ組という木地独特の技術で組み立てていきます。ここでの仕事は仏壇の仕上がりの質に大きく影響を及ぼすため、高度な技術が必要となります。
狭間師 (さまし)
 木材に彫刻をほどこし、仏壇の欄間や宮殿の彫刻部のかざりを作ります。まず、模様を型紙から木におこし、数十種の彫刻刀を巧みに使い分け、彫っていきます。熟達した職人でも仕上げにかなりの日数がかかります。
宮殿師 (くうでんし)
 部材に細工して、斗(ます)と呼ばれる小さな部品を作ります。それを階段状に組みあげて柱をつけ、ご本尊を安置する宮殿ができ上がります。
須弥壇師 (しゅみだんし)
 木材に図柄を描き、須弥壇の壇回りの部分を彫っていきます。彫刻が完成すると、木組という方法で組み立てられます。ひとつずつ手仕事で行われており、熟練の技が要る大変細かい作業です。
錺金具師 (つりかなぐし)
 真鍮の板に型紙で図柄をおこし、何百種もある鏨(たがね)を使って打ち抜き、模様をほどこします。そして用途に応じて金メッキ、銀メッキ、あるいは特殊技法を使って、青、茶、黒等の着色をしてでき上がりです。蝶番(ちょうつがい)や引出しの取っ手など、仏壇の金具すべてがここで作られます。
塗師 (ぬし)
 仏壇の部品に下塗、中塗をほどこし、最後に天然素材である漆を塗って仕上げます。漆が乾いた後、必要なところには金箔を押していきます。漆は、ある一定の湿度で乾き、また、少しのほこりも許されないため、細かい配慮と根気が要求されます。
蒔絵師 (まきえし)
 「蒔絵筆」という特殊な細い筆を使い、漆で絵を描きます。そして、漆が乾かないうちに純金の金粉を蒔いていきます。その後、乾かして仕上げます。金粉を蒔くタイミングなどが大変難しく、長年培われた職人の勘、腕が生きる仕事です。

←前ページ   次ページ→