仏具のおはなし

【仏壇の設置】
 浄土真宗の仏壇は、一家に一つは必ず置きたいものです。死んだ人がいない家に置くものではないとか、先祖もないのに置けば不幸があるとか、たわけた迷信に惑わされないようにしましょう。
 仏壇を置く場所は、なるべく多くの人が出入りする居間とかがベストです。何日も入ることのない部屋の片隅に置いたりするのは、仏壇の意味がなくなってしまいます。仏壇を置く部屋の場所や方角は、特に決まりはありません。その部屋で一番適した場所を選びましょう。

【ご本尊・脇懸】
 仏壇のご本尊の阿弥陀如来は、形の上で絵像と木像とがあり、さらに「南無阿弥陀佛」と文字で書かれた名号本尊がありますが、一般的に絵像本尊をかけることが多いようです。ご本尊の両脇にはお脇懸(わきがけ)という軸をかけます。お脇懸は、向かって右側に「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号あるいは親鸞聖人の御影像、左側に「南無不可思議光如来」の九字名号蓮如上人の御影像あるいはをかけます。
 ご本尊は本願寺からお受けします。仏壇店には“町版”とよばれる私製のご本尊がありますが、商品のように購入することはひかえたいものです。本願寺からお受けするときは、お手次ぎのお寺にご相談ください。

【三具足・五具足】
 仏壇で最も基本となる仏具は、ロウソクをともす「ロウソク立」、お花を飾る「花瓶(かひん)」、香を燃やす「香炉」の3つで、これらを「三具足(みつぐそく)」といいます。さらに、ロウソク立と花瓶を一対ずつにして香炉を加えて「五具足(ごぐそく)」といいます。仏壇をお求めになると、たいてい五具足が用意されますが、いつもこれを全部使わなければならないということはありません。普段は三具足でお飾りし余った仏具はしまっておき、命日や法事の時などに五具足にします。それもスペースに余裕がなければ三具足のままで結構です。なお、香炉は香炉台に載せた蓋つきの「金香炉(かなごうろ)」と陶磁器製の「土香炉(どごうろ)」のセットで1つと数えます。
 配置の仕方は、三具足の場合、中央に香炉、右にロウソク立、左に花瓶を置きます。五具足の場合は、中央に香炉、左右対称に外側にロウソク立、さらに一番外側に花瓶を置きます。中央の香炉は、金香炉を奥に置き、土香炉を手前に置きます。香を焚くのは土香炉だけで、金香炉には通常火を入れません。なお、ロウソク立と香炉は3本足の1本が正面にくるように置きます。配置する場所ですが、正面手前の前卓に置くのが正式ですが、仏壇のサイズによっては難しくなるので、臨機応変に適当な段を選ばれるとよいでしょう。また、ロウソクや花も、それぞれの仏具や仏壇に合った大きさに飾ってください。

【四具足】
 大きな仏壇になると、五具足とは別に小型の香炉とロウソク立1つと徳利型の花立て一対がつきます。これらは「四具足(しぐそく)」といって、ご本尊のすぐ下の上卓に置くものです。この香炉は「火舎(かしゃ)」といい焼香用ですが、通常火は入れません。花立ては「華瓶(けびょう)」といい、樒(しきび)などの香木をさします。ロウソク立には朱色の木蝋(もくろう)を立て、火はともしません。中央奥にロウソク立、手前に火舎、左右に華瓶を置きます。


←前ページ   次ページ→