〜伝統の技に支えられて〜
仏壇ができるまで


 仏壇は、長年にわたって培われた伝統の技によって作られます。ここでは、金仏壇製造の一大産地、広島の仏壇を取り上げて、そのでき上がるまでの工程を紹介します。

 「広島仏壇」の生産工程は、木地、狭間、宮殿、須弥壇、錺金具・漆塗・金箔押、蒔絵と大きく7つの工程に分かれています。各工程では伝統の技を受け継いだ職人たちが、より質の高い仏壇作りのために、その技を発揮しています。
 まず「木地」の処では仏壇の器にあたる部分が作られ、それと平行して「狭間」、「宮殿」、「須弥壇」の各工程で、それぞれの部品が製作されます。「狭間」工程で欄間や宮殿の彫刻部のかざりが彫り込まれ、「宮殿」工程では、寺院仏閣の縮小版である宮殿を、実物と同じ技法で組み上げます。「須弥壇」工程では壇回りの部分の彫刻をほどこし須弥壇を組み立てます。また「錺金具」工程では真ちゅうの板を鏨で打ち抜き、仏壇の金具全般を作ります。

 各部品が出来上がると、部品の仕上げにあたる「漆塗・金箔押」、「蒔絵」工程に入ります。「漆塗・金箔押」の職人が木製の部品に幾度も下漆をほどこして研ぎ、最後に上漆を塗って仕上げます。必要なところには金箔が押されます。蒔絵を描く部分には「蒔絵」専門の職人が漆で絵を描き、その上に金粉を散らして仕上げます。

 最後は、すべての部品が集められ、ひとつの仏壇として組み立てられ、技の粋を集めた工芸品として完成するのです。
 このように、数々の技術を結集して広島仏壇は作られています。多くの用具製造が機械化される中で、広島仏壇は今でもかなりの工程が、優れた技を持った職人の手仕事で支えられているのです。

←前ページ   次ページ→