仏壇のお飾り

仏壇の仏具にはお飾りする所定の位置があります。下の図解を参考にして美しく荘厳して下さい。
写真は一つの例にすぎませんので、それぞれの仏壇に応じてアレンジして下さい

仏具をクリックして下さい...

 

名称 よみがな 備考  
1、巻障子 まきしょうじ 内側の扉です。折り畳んで開きます。

戻る
2、扉 とびら 外側の塗の扉です。折り畳んで開きます。

戻る
3、瓔珞 ようらく 珠玉と花形の金具を組み合わせて綴った飾りです。

戻る
4、金灯籠 かなどうろう 丸型の吊灯籠(つりどうろう)で代用することもあります。

戻る
5、戸張 とちょう ご本尊の前面を覆う幕布(中央が切り抜かれています)です。

戻る
6、ご本尊 ごほんぞん 阿弥陀如来の絵像または木像。本願寺よりお受けします。

戻る
7、お脇掛 おわきがけ (右)親鸞聖人御影または十字名号をかけます。

戻る
8、お脇掛 おわきがけ (左)蓮如上人御影または九字名号をかけます。

戻る
9、仏飯器 ぶっぱんき お仏飯を盛ります。小さい仏壇ではご本尊の前だけで構いません。

戻る
10、華瓶 けびょう 樒(しきみ)などの青木を生けます。

戻る
11、供筒 くげ お供物を盛ります。

戻る
12、高坏 たかつき 正式の仏具ではありませんが、供笥の代用としてお供物を盛ります。

戻る
13、金香炉 かなごうろ 焼香用ですが、通常は香を入れません。

戻る
14、打敷 うちしき 仏事や祝いの時に使い、普段は外しておきましょう。

戻る
15、花瓶 かひん 他のお道具とのバランスを考えて花の大きさを調節しましょう。

戻る
16、土香炉 どごうろ 線香は立てずに、適当な大きさに折って寝かせて焚きます。

戻る
17、蝋燭立 ろうそくたて 炎が金灯籠などを焦がさない位置に置きましょう。

戻る
18、過去帳 かこちょう 故人の法名・命日等を記入します。正面を避けて右隅か左隅に置きます。

戻る
19、経卓 きょうじょく お経本のほかは物を置かないようにしましょう。

戻る
20、御文章箱 ごぶんしょうばこ 御文章の入れ物です。箱の上下の向きに注意しましょう。

戻る
21、香炉 こうろ 回し焼香用です。壇上の土香炉で代用しても構いません。

戻る
22、香盒 こうごう 焼香用抹香の入れ物です。

戻る
23、鈴 りん お経を読む時以外には鳴らさないものです。

戻る

←前ページ  次ページ→.