仏壇のお手入れ

 仏壇にお参りすることも大切ですが、その仏壇をいつもきれいにしておくことも忘れてはいけません。
 まず、漆塗りの部分は柔らかい布か植物油を軽くしみ込ませた布で空ぶきします。この時、布に砂などがついていないか注意しましょう。漆塗りは、拭き込むほどに光沢が増してきます。ただ、漆が水に強いからといってぬれぶきんで拭いてはいけません。漆の下地は水に弱いので、はげる原因となります。
 金箔の部分は絶対に拭いてはいけません。毛ぼうきなどで軽くほこりを払ってください。毛ぼうきを使う時は、棒の芯を強く当てないようにしてください。彫刻の部分は筆などでほこりを除きます。ほこりを軽く払うだけで金箔は美しくなります。金具部分も、ほこりを払うだけにしましょう。塩分を嫌うので、汗ばんだ手で触れないように注意してください。
 真ちゅう製の仏具は、日がたつにつれ光沢がなくなってきます。そんな時は、市販されている金属みがきで「おみがき」をします。
 なお、浄土真宗本願寺派で用いる宣徳製の仏具は、金属みがきを使うと色があせますので
気をつけてください。
 古くなり、かなり傷んだ仏壇は、思いきって「おせんたく」に出しましょう「おせんたく」とは、仏壇をほぼ解体し、破損した部分は修理し、金箔を押しなおして新品同様に修繕することです。ひどく傷んだ仏壇も、見違えるほど美しくなります。費用としては、その仏壇を購入する場合の60%前後の金額が必要となります。
 仏壇の掃除は心の掃除です。正しい方法で清掃し、気持ちよく仏様をお参りしましょう。


←前ページ   次ページ→