お焼香の仕方

お焼香の作法は、宗派によって異なっています。前の人のマネをするのでなくて、キチッとした浄土真宗の作法を身に付けましょう。

1. 初めにかるく一礼します。
 このとき合掌はしません。

2. 香盒の蓋をとり、ひとつまみ抹香を香炉の火の上に落とし、香盒の蓋を閉じます(次の人がいるときは開けたままで構いません)。

  • 額に抹香を頂く作法はしません。
  • 2回、3回やる必要はありません。1回だけです。
  • 3. 合掌・礼拝します。このとき「南無阿弥陀仏」とお念仏しましょう。

    4. 最後に一礼して終わりです。

    ポイントは、

    • 焼香は1回だけ
    • 額に頂かない
    • 合掌礼拝も後の1回だけ

    「一番簡単なやり方」と覚えれば、分かりやすいでしょう。正座でも、立ってするときでも、お葬式でも法事でも、どれも焼香の仕方は同じです。堂々とやりましょう。